うちも同じような年収です。

うちも同じような年収です。

うちも同じような年収です。
私の価値観の中でコートに8万は高すぎるので、デパートで眺めて終わるだけですが、お友達の中では実際ぽいぽい買う人もいます。

 

・コートに8万は出せるけど、ランチに1500円は出せない。
・子供を小学校から私立、しかも入学金120万、毎月12万の所に入学させるのは惜しくないけど、自分の服に1千円出すのは惜しいから、独身時代から着ている定番デザインの服を着続けている。
・車にこだわりがあり、400万以上の車を3年ごとに乗り換えているけど、家にこだわりはないので、このあたりでは格安の3LDK7万円の家に家族で住んでいる

 

それぞれ、人の価値観はいろいろなので、別にいいと思います。

 

ちなみに私はコートに8万円は出せませんが、パン教室に通う費用(毎月1万円弱)は惜しくなく出せます。
これだって、1年通えば12万ですから結構な値段ですよね。

 

ただ、そのコートとブーツに使った金額を、ご主人に正直に言えないのならダメでしょう。
そして、そういう買い物をいつもしているために貯蓄が0というのなら、ダメです。
それこそ「Mart主婦」一直線です。

たまにはド〜〜〜ンと日本経済を回しましょ

普段はきちんと節約もできて、計画通りの貯金もできて、赤字も出さずにやりくりされていれば、
たまにはド〜〜〜ンと日本経済を回しましょ
そのほうが、世の中のためになりますし

 

世の中、被服費にお金をかけたい人もいるでしょう
そうすることで、ファッション関連業界も活気づいてくれれば、さらにすてきな商品が出てきますよ
旅行にお金をかけたい人、食事にお金をかけたい人、さまざまなこだわりで世の中が回っていきますから、我慢しすぎず、適度に息抜き浪費も必要ですよ

 

それに、気に入った物だったら大切にするし、大切にすることで長く着れば、結局はすごく節約にもなりますよね
私も独身時代に購入したカシミアのロングコート。高かったけど10年以上たってもまだお気に入りで、それ以降ロングコートを1着も購入してません(購入する必要性も感じません)
そのコートは年代や流行に左右されないデザインなので、この先まだ20年は大事に着ようと思ってます。年割するとすごくお得なお買い物でした